にしむーのちゃらんぽらん日記

趣味の登山や寺社仏閣、映画のことなんかを備忘録的に記録しています。

【映画感想】夕陽のガンマン(英題For a Few Dollars More)

2024年5月11日 DVD鑑賞

【監督】セルジオ・レオーネ
【出演】クリント・イーストウッド(モンク)、リー・ヴァン・クリーフ(モーティマー大佐)、ジャン・マリア・ヴォロンテインディオ
【公開】1965伊
【時間】132分

f:id:yukilily:20240518171023j:image

ならず者であっても、此処は映画の世界。一対一での早撃ちルールだけは守る。それがガンマンの矜持というものなのか。

一見すると、バンバンと相手を打ち倒す映画だが、ガンマンにはガンマンの流儀があり、ジャン・マリア・ヴォロンテの悪夢としての回想シーンや麻薬でラリっている姿、復習に燃えるリー・ヴァン・クリーフ、そして全てを知った上で決闘をアシストするクリント・イーストウッドといい作中人物にはその事情を慮るだけの人間味も伝わってくる。

【御朱印】難波八阪神社

2024年5月4日参拝

創建年月日など詳しい資料は残ってなく、後三条天皇の延久の頃から祇園牛頭天王をお祀りする古社として知られていたらしい。

現在の本殿は昭和49年に完成したもの。
f:id:yukilily:20240514212647j:image

境内には同じく昭和49年完成の獅子殿がある。
f:id:yukilily:20240514212705j:image
大きな口で勝利を呼び、邪気を飲み勝運(商運)を招くと、学業向上、就職、入試あるいは、会社発展を祈願するために、日本内外からの参拝者が多い。

御朱印は書置き。
f:id:yukilily:20240514212749j:image

【映画感想】牛泥棒(原題 The Ox-Bow Incident)

2024年5月12日 アマプラで鑑賞
【監督】ウィリアム・A・ウェルマン
【出演】ヘンリー・フォンダ(カーター)、ハリー・モーガン(アート)、ダナ・アンドリュース(マーティン)、ハリー・ダヴェンポート(デイヴィス)
【公開】1943年米
【時間】75分


f:id:yukilily:20240512213050j:image

ネット上で私刑が横行する現代社会において、いま観なければならない映画だと思う。

『マーティンの遺書より』
妻へ 詳細は デイヴィスさんに聞いてくれ
彼はいい人で 力になってくれた
他の人たちもいい人だが 何も分かっていない
彼らを気の毒に思う
俺は じきに死ぬが 彼らは一生 罪を背負う
人が手を汚し 誰かを吊るせば
世の中のあらゆる人が 傷つく
なぜならすべての法が 破られるからだ
法は ただの言葉ではない
判事や保安官も 法そのものではない
法とは 人にとって正義で 善悪を分かつものだ
法は人類の良心そのもの
人に良心がなければ 文明は発達しない
良心のない者には
神との対話も不可能だ
過去の人々の良心を 無視する者に良心は語れない
君への伝言は以上だ 赤ん坊にキスを贈る

 

【映画感想】岳-ガク-

2024年5月4日 アマプラで鑑賞

【監督】片山修
【原作】石塚真一
【出演】小栗旬長澤まさみ佐々木蔵之介石田卓也、市毛房江、渡部篤郎
【公開】2011年
【時間】126分


f:id:yukilily:20240510134041j:image

マンガ原作なのだから、多少は無茶苦茶な設定があるものだと思って観ると良い。

小栗旬が演じる島崎三歩の発する言葉、『山で捨てちゃいけないのは、命』
山に登る人間は「自分が死ぬわけない」と思って山に入る。私だってそうだ。その認識を変えて「死ぬ可能性もある」と備なければいけない。山での事故は自己責任だと言う人もいるけど、島崎三歩は『また山においでよ!』と言う。まさしく山を愛する人の言葉だ。

【御朱印】高野山金剛峯寺

2024年5月3日参拝

高野山真言宗三千六百等寺の総本山金剛峯寺金剛峯寺の名称は空海命名によるもので、高野山一山の総称とのこと。その後、文禄二年豊臣秀吉が亡母のために建立、さらに文久三年に再建されたものが現在の金剛峯寺

金剛峯寺

f:id:yukilily:20240508195923j:imagef:id:yukilily:20240508195820j:image

【金堂】

f:id:yukilily:20240508200035j:imagef:id:yukilily:20240508200241j:image

【根本大塔】

f:id:yukilily:20240508200318j:imagef:id:yukilily:20240508200643j:image

奥の院

f:id:yukilily:20240508200745j:imagef:id:yukilily:20240508200857j:image

【登山】高野女人道巡り・三山巡り

2024年5月3日

午前6時発の南海難波駅から橋本行の急行電車に乗り、橋本駅極楽橋行の普通電車に乗り換えて午前7時41分に極楽橋駅に到着。極楽橋からケーブルカーに乗り急峻な山道を5分程で登っていく。高野山駅からは南海りんかいバスに乗り女人堂バス停で下車。

午前8時、高野山に居ることを実感する。
千年以上の時を経ても、高野山の宗教的な雰囲気は変わることがない。空海はここで、いまもなお、現代の人々に「即身成仏」を説いているのだ。f:id:yukilily:20240505114352j:image

女人道巡りで奥之院に向こうコースを採る。自然豊かに、昔の面影をとどめている道を歴史をかんじながら歩いていく。「高野山女人道」の立札を数百m毎に立てられているので道に迷う事はない。

8時10分 不動坂口女人堂(start)f:id:yukilily:20240505114427j:image
8時30分 弁天岳
f:id:yukilily:20240505114453j:image
8時45分 大門
f:id:yukilily:20240505114547j:image
高野山の西の入口の正門。現在のものは1705年落慶したとのことだ。
9時20分 相の浦口女人堂跡
9時40分 大滝口女人堂跡
10時00分 円通律寺付近通過
f:id:yukilily:20240505114839j:image
10時10分 大峰口女人堂跡
10時30分 奥の院前の駐車場に到着。食事処に入り休憩
11時20分 弘法大師御廟参拝          11時50分 摩尼山
f:id:yukilily:20240505115000j:image

12時25分 黒河峠
12時45分 楊柳山
f:id:yukilily:20240505115113j:image
13時05分 子継峠
13時40分 転軸山
f:id:yukilily:20240505115201j:image
14時20分 一の橋
15時00分 観光しながら金剛峯寺へ(finish)

 

金剛峯寺および壇上伽藍にお参りし、17頃に極楽橋までバスとケーブルカーにて下山。

活動時間 6時間54分
歩行距離 17.2km
上り 1037m
下り 1068m